知らないとわからない、ビジネスメールでの英語の略字いろいろ

  1. ビジネス

ビジネスメール。「何卒宜しくお願いします」ってなんだろう、なにそつ、いや、「なにとぞ」と読むらしい、と知ったのはさすがに随分昔の話。

しかししかし、会社により文化が違うのも当然で、日本企業とはいえ不思議と英語感が強い企業も増えており、漢字ではなく「英語の略字」に困った経験がありました。日本語で書きましょうよ、と思っても、相手あってのお仕事なので、いざ出てきたときに困らないよう、素直に覚えましょう。

TBA

To be announced = 後日発表

内容は確定しているけど後日伝えますね、といった内容。大人のお話なのか、気にさせたまま状態。

TBD

To be determined = 未定、未確定

まだ決まってないから近々決めるね、といった内容。打ち合わせ場所が「TBD」のままで困ることもしばしば。

TBC

To be confirmed = 確認中

ほぼほぼ確定していて最終確認待ちですよ、といった内容。エステなのかなって思ってしまう。

TBS

To be scheduled = 調整中

スケジュール調整中ですよ、という内容。こっちはテレビ局風ですね。

FYI

For your information = 参考までに

共有、ご参考まで、といった内容です。重要な共有事項でも使われたりするので意外と大事。

ASAP

As soon as possible = できる限り早く

なる早で、と同義。なる早で、と言ってもらえた方が伝わる。

他にもいろいろ

個人的に「MTG」は普段使いになってしまっています。

MTG = Meeting
会議。ミーティング。打ち合わせ。

DIY = Do It Yourself
自分でやってくださいな。家具なんかを自作するのも同じ意味から派生して広がった言葉ですね。

FAQ = Frequently Ased Questions
よくある質問。サイト制作なんかしてるとよく見かける。

U = You
あなた。おまえ。君。

自分からあえて使わずとも、メールを見た時に困らないように、知っておくと便利な英語の略字いろいろでした。

関連記事

無策の策

「無策の策」という言葉をご存知でしょうか。簡単に言うと「何も考えない事をあえて策とする」というような意味で、そのまま受け取ると「何も考えてなかったことの言い訳じゃん!」と…

  • 431 view

1円は拾わんでもえぇ、という言葉の意味

幼いころに聞いた言葉でも、なんとなくずっと頭に残っている言葉って、たまにあったりしますよね。親だったり、先生だったり、となりのおばちゃんだったり。いろんな場合があるかと思…

  • 11 view