2018年8月24日

ゆで卵の最適な茹で時間

小腹が空いた時も良し、サラダにもラーメンにも良し、栄養価も良し。そして子どもにも大人気。お手軽スーパーフードの大定番「ゆで卵」。湯を沸かして卵を入れて塩を入れてと、誰でも作れるお手軽なゆで卵ですが、まったく時間を計らないと柔らかすぎたり固すぎたりと予想外の結果になることもしばしば。

という事で、自分なりのバッチリな時間がこちら。

水から卵を入れて塩を入れ、沸騰し始めてから7分半、中火でコトコト

はい、この見出しの通り。水の状態から卵を入れておいた方が割れにくいそうで、沸騰し始めたら中火くらいにして7分半が個人的にはベスト。白身はしっかり、黄身は半熟なゆで卵に仕上がります。

固めが良ければプラス1分くらいがちょうど良いかも。

必ずしもこの時間が良いという意味ではなくて、「自分なりの湯で時間を決めておいた方が良いですね」という意味で、ゆで卵の最適な茹で時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です