2019年6月30日

二日酔いはビタミンCが効果的!という理由とおすすめサプリについて

みなさん、お酒をどの程度の頻度で飲まれているでしょうか。週7日飲むような日々が常習化して肝臓に負担をかけ続けてしまった自分としては、ほぼ日常的にお酒を飲んでしまっていたのですが、現在は年も重ねたこともあり「2日続けてお酒を飲まない」という事をなんとか目標としている今日この頃です。ちなみに見出しの画像は「山椒ビール」という、後味が少しピリリとするスパイシーなビールで、とてもおすすめです。

そんなビールを紹介しつつ、お酒を飲み続けているといつか感じる事が、沈黙の臓器と言われる肝臓への負担。若い頃こそ動きたくないほどつらい二日酔いを経験することもありましたが、やはり年を重ねるにつれ、ちゃんと肝臓のこともフォローしながら、健康的にお酒を楽しむ事が大切だと感じるようになってきました。そこで諸先輩方に教わった中でも一番良かった「ビタミンC」について書きたいと思います。

お酒と言えばウコン、これはほどほどに

特に気合を入れる飲み会の前には、とりあえずウコンやヘパリーゼ等を摂取してから挑む、という事もよくしていた二日酔い対策でした。しかし、これらは確かに肝機能を助けてアルコールの分解には良いようなのですが、分解後のフォローまでは効果が薄いようです。

具体的には、アルコールは分解されるとアセトアルデヒドというものになり、これも二日酔いの原因のようで、このアセトアルデヒドも分解されないと二日酔いの症状が出てしまうようです。

ビタミンCがアセトアルデヒドの分解を助ける

アセトアルデヒドが二日酔いの原因なら、このアセトアルデヒドを分解してくれるのは何なのか。その役割を担ってくれるのがビタミンCなのだそうです。もちろん柑橘類の果物は効果的ですし、サプリ類もとても良いと思います。

ビタミンCはアルコールを分解する効果もあるので、焼酎系なら柑橘類の生絞り系にしておいたり、おつまみなら枝豆や豆富などの豆類を入れておくことで、アルコール分解にはより良いと思います。

ビタミンCを摂取するのはお酒を飲んだ後がおすすめ

上記の通り「アルコールが分解されるとアセトアルデヒドになる」ので、そのアセトアルデヒドを分解するビタミンCの摂取はお酒を飲んだ後がおすすめ。ビタミンを意識する事で、かなり飲んで「これは明日ヤバいかも」という翌日でも、すっきり目覚める事が多くなりました。

サプリでビタミンCを摂取するなら

実は意外と二日酔いに効果があるのがチョコラBBやトランシーノといった美白系のサプリ。美白系のサプリにはビタミン類が多く含まれているため、結果的にアルコールとアセトアルデヒドの分解に役立ち、二日酔い防止の効果があるようです。

純粋にビタミンCをサプリで摂取するならこちらの「ワカサプリ」がおすすめ。その含有量は2000mgと、他のより群を抜いてビタミンCが含まれています。そのまま口に含むと酸っぱすぎると思いますので、摂取する際は水などの飲み物に溶かして飲むことをおすすめします。

以上、二日酔いに効果的なビタミンCに関するご紹介でした。

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です